グループウェアMirai'Zトップ » 工数管理・販売管理オプション » 案件管理
マニュアル
  • ホーム
    様々な情報を一目で確認できるホーム機能。
  • スケジュール
    日々の予定をしっかり管理
  • 設備予約
    設備の予約もスケジュールと同時に管理
  • 電話メモ
    外出中の方にも即通知。大事な電話を逃しません。
  • 掲示板
    掲示板で社内コミュニケーションを円滑にできます。
  • 共有資料
    社内規定などの書類を誰でも簡単にダウンロードできます。
  • ToDo
    仕事を期限までに確実に終わらせるためのタスク管理機能
  • アドレス帳
    大事な顧客データを社内でがっちり共有
  • 勤怠管理
    旧態依然のタイムカードとはさようなら。
  • 経費精算
    交通費、接待交際費などを簡単に精算することができます。
  • ワークフロー
    ワークフロー(稟議)をメールを使ってすいすい流す。
  • モバイル対応
    携帯電話で外出先でも楽々アクセス
  • iPhone対応
    iPhone専用のインターフェースも完備
  • 管理機能
    他に類をみないほど細かな設定ができる管理機能
工数管理・販売管理オプション
  • 案件管理
    受注した案件を管理することができます。
  • 工数管理
    誰がどの案件に何時間費やしているのかを時間と費用で管理。
  • 会議管理
    会議の議題、資料を会議前に共有。会議後の議事録も共有。
  • 管理指標
    売上、費用、利益など様々な情報を可視化。
販売管理オプション
  • 営業進捗管理
    営業中の案件を管理することができます。
  • 費用登録
    あらゆる角度から登録した費用を分析。
  • 請求書発行
    面倒な請求書発行作業を数クリックで行えます。
  • 入金登録
    送付した請求書に対する入金状況を管理できます。
案件管理

案件管理

カスタマイズの例

グループウェアMiraiZでは、御社独自の業務に併せてカスタマイズを実施することができます。不便な機能などございましたら、お気軽にお問合せください。まずは、お見積りを出させて頂きます。
見積書/発注書のフォーマットを変更したい。
その他、様々な機能を追加することができます。お気軽にお問合せください。
カスタマイズのご要望は、 mzsupport@socialwire.net までご連絡ください。

機能概要

受注済みの案件を管理することができます。(受注前の案件は営業進捗管理で管理します。) 登録した案件情報から、見積書、発注書、請求書の発行などを行うことができます。
また登録した案件には費用および工数の情報を登録することができ、売上はもちろん利益や 工数、労務費の確認もすることができます。

案件管理
使い方

案件を追加する

「案件追加」をクリックします。

.

この画面では案件の概要を登録します。

「案件区分」「案件名」などの項目を入力して「追加する」をクリックします。

.

この画面では見込案件の詳細な内容を登録します。

.

「売上区分」「案件明細名」などの項目を入力して「追加する」をクリックします。

売上区分では、見込案件が案件かした際に上がった売上がどこの部署の売上になるかを設定します。

「売上」と「立替」の違い見込案件が案件かした際に「売上」に設定しておくと売上として集計されます。「立替」を設定すると売上としては集計されません。
  :
  :
「案件」と「案件明細」の関係を御見積書を例に見てみると以下の通りになります。
赤色枠が案件、青色枠が案件明細になります。

.

※見積書は販売管理オプションをご利用時のみ出力できます。

見積書を出力する

見積書を出力したい見込案件の「詳細」をクリックします。

.

見積書に出力する明細をチェックし、「チェックした項目を」で「見積書作成する」を選択し「実行」ボタンを押します。

.

「見積書名」「見積書有効期限」「備考」を入力して「実行」ボタンをクリックします。
ダウンロードが開始されますので、保存してください。

「見積書名」は(見積書履歴機能から一度出力した過去の見積書を見ることができるのですが)過去の出力履歴で探す際に分かりやすい名前を付けます。

「備考」に入力した値は、見積書の備考欄に出力されます。

.

見積書一覧より過去に出力した見積書をダウンロードすることができます。
お客様より再発行の依頼などを受けた際に使用します。
該当の見積書の「出力」をクリックします。

.
※見積書は販売管理オプションをご利用時のみ出力できます。

費用を登録する

費用を案件明細に登録することで、案件明細ごとの利益を割り出すことができるようになります。
費用を登録する案件明細の「費用追加」をくりっくします。
続きは、費用登録のマニュアルをご覧ください。