グループウェアMirai'Zトップ » 基本パック » スケジュール
マニュアル
  • ホーム
    様々な情報を一目で確認できるホーム機能。
  • スケジュール
    日々の予定をしっかり管理
  • 設備予約
    設備の予約もスケジュールと同時に管理
  • 電話メモ
    外出中の方にも即通知。大事な電話を逃しません。
  • 掲示板
    掲示板で社内コミュニケーションを円滑にできます。
  • 共有資料
    社内規定などの書類を誰でも簡単にダウンロードできます。
  • ToDo
    仕事を期限までに確実に終わらせるためのタスク管理機能
  • アドレス帳
    大事な顧客データを社内でがっちり共有
  • 勤怠管理
    旧態依然のタイムカードとはさようなら。
  • 経費精算
    交通費、接待交際費などを簡単に精算することができます。
  • ワークフロー
    ワークフロー(稟議)をメールを使ってすいすい流す。
  • モバイル対応
    携帯電話で外出先でも楽々アクセス
  • iPhone対応
    iPhone専用のインターフェースも完備
  • 管理機能
    他に類をみないほど細かな設定ができる管理機能
工数管理・販売管理オプション
  • 案件管理
    受注した案件を管理することができます。
  • 工数管理
    誰がどの案件に何時間費やしているのかを時間と費用で管理。
  • 会議管理
    会議の議題、資料を会議前に共有。会議後の議事録も共有。
  • 管理指標
    売上、費用、利益など様々な情報を可視化。
販売管理オプション
  • 営業進捗管理
    営業中の案件を管理することができます。
  • 費用登録
    あらゆる角度から登録した費用を分析。
  • 請求書発行
    面倒な請求書発行作業を数クリックで行えます。
  • 入金登録
    送付した請求書に対する入金状況を管理できます。
スケジュール

スケジュール・設備予約

カスタマイズの例

グループウェアMiraiZでは、御社独自の業務に併せてカスタマイズを実施することができます。不便な機能などございましたら、お気軽にお問合せください。まずは、お見積りを出させて頂きます。
スケジュールを独自のフォーマットで印刷できるようにしたい。
スケジュールに独自の項目を追加したい。
その他、様々な機能を追加することができます。お気軽にお問合せください。
カスタマイズのご要望は、 mzsupport@socialwire.net までご連絡ください。

機能概要

スケジュールと会議室やプロジェクターなどの設備の予約を管理することができます。
スケジュールが追加されると参加者にメールで通知されます。

スケジュール
使い方

3種類の表示形式

「月表示」「週表示」「日表示」の3種類の表示形式があり、画面上部のメニューで切り替えることができます。

インストール直後は「月表示」が標準設定となっており、『スケジュール』を押した際は「月表示」でスケジュールが表示されます。
標準設定は「この表示を標準に設定する」を押すことで変更することができます。
※押した際の表示状況が標準設定になります。

スケジュールを追加する

スケジュールを追加するには「今日の予定を追加」をクリックするか、カレンダーの[+] ボタンをクリックします。

.

「タイトル」「種類」「日付」など必須項目を入力します。
参加者は、左のリスト「メンバー一覧」から参加させたいメンバーを選択して「追加する」ボタンを押し、右のリスト「参加者」に追加してください。
Ctrlボタンを押しながらメンバーをクリックすることで複数人を同時に選択することができます。
また、1人のメンバーが選ばれた状態でShiftボタンを押しながら他のメンバーをクリックするとその間に挟まれたメンバーを同時に選択することができます。

.


「会議室・設備」についても同様に選択してください。設備を予約する必要がない場合は、選択不要です。

.

「公開設定」で「非公開にする」を選択すると参加者以外のメンバーはスケジュールの内容(タイトルを含む)が閲覧できなくなります。

.


繰り返し設定をする場合は、「繰り返し」から毎日、毎月(日指定)、毎月(曜日指定)、毎年から繰り返しのタイプを選択します。タイプを選択するとタイプに応じた入力項目が表示されますので、そちらに入力してください。

空き時間を検索する

全参加者が参加できる時間を検索することができます。例えば社員総会など大人数が参加会議などスケジュール調整が難しいケースにも簡単に会議の日程を決めることができます。

「空き時間検索」をクリックします。

.

検索する期間と時間帯、参加者、会議室・設備を選択して「検索」ボタンを押します。

.

検索結果の白い部分がスケジュールを登録できる日程です。

.


白い部分をクリックすると、その日程でのスケジュール追加画面が表示されますので、そちらからスケジュールを追加することができます。

設備を登録する

上部メニュー「設定」→「マスター設定」→「[全社]会議室・設備マスター」より「会議室・設備一覧」画面を表示します。

「新しく追加する」をクリックします。

.

「会議室・設備名」、「スケジュール登録可能期間」を入力して「追加する」ボタンをクリックします。

スケジュール登録可能期間を「30日間」とした場合は、30日以上先のスケジュールの場合はこの設備が選択できなくなります。
※あまり先のスケジュールで設備を抑えられたくない場合に入力します。